2018年05月21日

ALP COMPANY、Leading Seminar Japan2018、インターネット副業Seminar2018のセミナーに参加してきた話【100% 詐欺なのか??】

ちょっとこのセミナー、危険かなと思ったのでレビュー記事を緊急投稿しておきます。

よくぞこのページにたどりついていただきました。


『ALP COMPANY』とか、『Leading Seminar Japan 2018』とか、ほかにも『Side Job SEMINAR』などセミナー名や会社名をコロコロ変えて、インスタグラム等にセミナー案内の広告を出している集団のことです。


※いくつかのセミナー名のパターンがあるようです。
内容はどれも同じです。
私は『ALP COMPANY』と、『Side Job SEMINAR』、『インターネット副業Seminar』の3つに参加しましたが、全く同じ内容でした。。。。

謳い文句は、「確実に毎月10万円以上稼ぐためのインターネット副業セミナー」、「確実に月収30万円以上稼げます」みたいな、一昔前に流行した“秒億”のようなものすごい金額を提示するのではなく、10万円や30万円といった現実的なラインを示し、「これくらいだったら俺でも、私でも可能かも・・・」と錯覚に陥らせています。

まぁ、キャッチコピーの一種のテクニックですね。


副業で収入アップを考えている人だったら、飛びついちゃうかもしれません。


そんな怪しさ満点のセミナーに、私が人柱となるべく参加してきたのでレポートします。


セミナー内容は、いったいどんなものなのか



結論から言うと、Youtubeを使って、「グーグルアドセンス」というグーグルが提供している広告を使って収益を得ていく方法論です。


このセミナーの中では、【デジタルアセット】などというまやかしの単語を頻繁に用いて、期待感や高揚感を煽っていましたが、何て事はない、ただのYoutube動画を量産していきましょうという話です。


セミナー自体は、まず手始めによくある参加者どうしの自己紹介タイムがあり、その後に講師が1時間ほど、情弱の参加者を煽るような講義をします。

おそらく、その講師は20代の中盤〜後半くらいの年齢です。

シャキッ、シュッとした感じの好青年ではあります。


講義の内容は、【デジタルアセット=ネット上の資産】を持ちましょう、というもの。

そうしたら、金持ちになれますよ、と。


それを裏付けるために、トマ・ピケティの「21世紀の資本」から【r > g】の理論を知ったかぶりで取り出します。

ピケティ.jpg

また、この手の話ではベタな、『金持ち父さん貧乏父さん』のキャッシュフロークワドラントの話もしていました(笑)。

キャッシュフロークアドロ.png

なお、その講師は今年の月収で2000万円だそうです。

そんな人が、わざわざこんな情弱相手にセミナーするかなぁ。。。


そんな話で、バックエンドの商材につながる前振りのプロモーション的な講義で、セミナーのレターページに書かれているような、実践的な内容、今日からすぐ実践して稼げる方法論みたいな内容は一切ありませんので、期待しないように。


私自身も、「今日からちょっとでも稼げるような、そんな、『ためになる話』が聞けるのかなと期待して行ったクチですが、肩透かしにあいました。


このセミナーって、要は、商材を買わせるためのプロモーション・セミナーですね。


小一時間の講義が終わった後は、参加者が4、5人のグループになって、そこにスタッフが一人ひとり回って、質疑応答といったテイの、【営業活動】が始まります。


ここで、情弱何人かで集まることで、「すごーい」だの、「これは稼げそうだ」的な同調圧力のもと、商材の簡単な説明で、「いかに簡単に稼げるか」を説明し、購買意欲を掻き立てていきます。


そこで、もし「私はやります!」的な人が出てきたら、今度は先ほどのセミナーで講師をしていた男性と、1−1でクロージングにうつる、ということになります。






気になる受講価格は?



私は最終的な1−1のクロージングを受けていないのですが(怖かったので・・・)、前述のグループセッションの時に聞いた話では、298,000円と、498,000円、さらに150万円のコースがあるとのこと。


かなりすごい高額ですね。。。

こんな高額塾を売りつけようとするのが、このセミナーを開催している理由です。


ちなみに、内容的にはこの『FINAL YOUTUBER』と同じか、それ以下の内容です。

かたや、1万円ちょっとで買えるものが、、、その30倍もの値段がするなんて。

情弱のみなさん、、、どうかお気をつけて、慎重に判断してくださいね。


怪しさ満点、どうしても猜疑心を持たざるをえないポイント



セミナーの舞台となった東京会場は、青山エリアの一等地のセミナールームを借りて集客しているその努力や姿勢は褒めたい部分はあります。


ただ、どうしても疑問を持たざろうをえない点を2つ3つ挙げておきます。


まず、このセミナーの集客をするに当ってのセールスレターの会社名、セミナー名がころころ変わること。


今日2018年5月21日現在に目にした広告では、『ALP COMPANY』となっていたし、私が参加した2018年5月18日の分は『Leading Seminar Japan2018』となっていました。


まぁ、クリエイティブのトーン&マナーや訴求内容が同じなので、バレバレなんですけどね。


特定商取引法に表記されている会社を調べても実体がよくわかりませんし、会社のホームページすらありません。


何でこんなことをするかっていうと、足をつかないようにしているのかなーって。


詐欺を仕掛けていた場合の会社の常套手段でありますし、このようにレビュー記事を書いても、検索しても違う名前で上がってくるように名前をコロコロ変えているような印象を受けます。


名前や主催会社って重要な指標だと思うのですが、この部分が正々堂々としていないところが、すごく引っかかります。


あと、セミナーのグループセッション中に、「どんな動画で稼いでいるのか、具体的に見せてください」とお願いしても、結局見せてくれなかったんですよね。。。

逆ギレされました。


私自身、ある程度ネットマーケティングには詳しいので、中身を見たらだいたいのことがわかるのですが・・・


そんな感じで、いろいろと疑問点があるというのが正直な感想です。


総評として、まとめ



情弱相手にした、高額塾なのかな、というのが現時点での正直な感想です。

このような報道もたくさんありますし、どうか慎重にご判断していただきたいところです。


あと、セミナーを聞いた内容では、こんくらいの教材のほうが、このセミナーよりもレベルは上ですね。

このとんでもない高額塾に大金を払うのでしたら、こちらのマニュアルで十分なのでは。


『FINAL YOUTUBER』



私も参加する前は気になって、何かこのセミナーのレビュー記事がネット上にアップされていないかなって検索してみたのですが、皆無でして^^;

誰も上げていないんだったら、私が書いてあげようということで、今回の記事を執筆しました。


みなさまの参考になりましたら幸いです。

posted by あーちゃん at 14:03| セミナーに参加した話